6年制薬学部に入学後に学生生活で注意するべきことは?

薬剤師免許

晴れて薬学部に合格して薬学生となってから、長い人で6年間、短い人でも4年間の大学生活が始まります。

医療系大学の進級は厳しいと言われていますが、毎日こつこつ勉強を続ける習慣のある人にとっては、まず問題のない事だと思います。

基本は授業を受けた後にきちんと復習と予習をするだけですが、あまりにもサークルやアルバイトに明け暮れていると進級に苦労するかもしれません。

無償の奨学金をもらっている学生さんや、成績トップ10に入る学生さんの中には、授業で一度聞いただけで覚えてしまうような天才や秀才がいましたが、私は尋常でないほど記憶力が悪いポンコツ学生だったので毎日こつこつと勉強をやり続けました。

定期試験の再試験では通常再試験料がかかる大学が多いため、本試験で必ず合格するように心がけていました。もちろん持ち越しは極力しないようにしましょう。(大学によって持ち越せる単位数は異なります)

少しでも楽に定期試験を突破するためには、過去問があればその傾向から対策を立てる事ができます。

科目によっては過去問のまま出ることもあるので、空いた時間を毎年傾向の変わる科目に時間を割いたりと工夫することで、再試験を受ける可能性は低くなります。

過去問を全ての科目で手に入れるには友達は多いほうが良いので、少しでも話す人がいれば情報交換しながら伝で手に入れることができます。

薬学部では数名のグループを組んで何かすることが多いので自然と話をする人が増えていくので大丈夫です。

スポンサーリンク

サークル活動やクラブ活動、研究室の選び方は?

サークルやクラブ活動は強制的な参加を義務付けられるものでなく、自由参加の気楽なものに籍だけおいておきましょう。

薬剤師試験の事だけを考えた場合は、研究室も同様に国家試験対策に熱心な研究室を選ぶ方が良いかも知れません。

薬学部に進学した目的が薬剤師免許であれば、よほど研究したい事がない限り有機系の実験ばかりやっている拘束時間の長い研究室には入らないほうが得策です。

大学によって様々でしょうが、教授は放任主義で研究室に行くと学生はずっと国家試験対策や公務員試験の勉強ばかりしている研究室も存在するはずです。

研究職や企業MR職への就職を考えている場合は、必ずそういった方面に強い研究室を選ぶようにして下さい。薬剤師免許は卒業時に落ちたとしても、いつでも受験する事ができますし恐らく使う事もないかと思います。

国家試験対策の外部模試について

6年生になると国家試験の外部模試を受けることが増えてきます。初めて受けたときにはあまりにも出来なくてびっくりするかもしれませんが、実際の国家試験よりも少し難しめに作られているといわれています。

こんな内容まで出るかな?といった所まで問われる事があるのですが、危機感を持って自分の抜けている知識をコツコツとつぶしていきましょう!

模試の成績表には、学内での成績と受験大学全ての成績の順位がでていますが、学内の順位でなく全大学での順位を重視しましょう。

合格率が6~8割と考えると半分より上にいることが出来れば安心して国家試験に臨むことが出来る筈です。

薬剤師国家試験は2日間にわたって行われます。

試験科目は必須問題試験と一般問題試験があります。

必須問題試験

物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務

一般問題試験

薬学理論問題試験として物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理

薬学実践問題試験として物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務

合格率は毎年調整がされますが、必須問題は総合で70%以上、各科目30%以上の足きりがあります。

そして全体として65%程度の得点率が求められています。ギリギリの合格ライン上にいると不適切問題の取り扱いにより合否が危ういものになってしまいます。

相対評価が取り入れられるようになったので、模試で自分以外の人が出来ているのに間違えている問題などは、取りこぼすことがないように確実に得点できるようにしましょう。

こちらに記載されている内容は私のようなポンコツ学生だった場合の作戦です、優秀なあなたなら全く気にする事はありません。

error: Content is protected !!