初心者がフルマラソンに挑戦した(大阪マラソンサブ5完走までの記録①)

ランニング マラソン

フルマラソンを一生に一度は走ってみたいと思い過去3年にわたって応募していたのですが、ついに先日「大阪マラソン当選のお知らせ」がメールにて届きました!

私のマラソン歴は現在10kmマラソンを2回、ハーフマラソンを2回完走。まったくの初心者ではないじゃないかと思われるかもしれませんが、どちらも実は大した練習もなく走れる距離なのです。タイムはいつも制限時間ギリギリなのです。

現在のハーフマラソンの記録が約2時間20分なので、もしそのままのペースで走ることができても約4時間40分です。20分歩いたとしてもサブ5(5時間以内)で完走できる計算になります。

しかしフルマラソンには30kmの壁と言われるものが存在するそうです。当選してから色んな人の初フルマラソンのブログを読みましたが30kmを越えた辺りから足が動かなくなるらしいです。

これはスタミナ不足もありますが、筋力不足が大半の原因と言われています。確かにスポーツクラブで筋力測定をしてもらったときに筋肉量が標準よりも少ないという結果が出た記憶がありました。

できれば気持ちよく最後まで走りきることができたら嬉しいです。そして次の日に疲れを残さないくらいに鍛えて完走を目指したいと思います。

残り5ヶ月、できることをコツコツと積み重ねてなんとかサブ5という私にとっては低くない目標を達成したいと思います。しかしサブ4やサブ3を達成するのは改めて凄いことだなぁと思いました。

まずはフルマラソンに備えて様々なギア(アイテム)を揃えて気持ちを高めたいと思います。まずはガーミンのGPSウォッチを購入して頑張りたいと思います。

GPSウォッチは調べたところガーミンとエプソンが主なメーカーのようでした。しかし周囲を見渡すとGPSウォッチのトップメーカーであるガーミン社製品の愛用者が多かったので近所のスポーツ店にてガーミンの一番安いモデルを1万円程で購入する事にしました。

私の購入したGARMIN(ガーミン) ランニングGPS ForeAthlete 15Jはamazonでは既に販売終了していたので現在の最安値はForeAthlete 220Jという上位モデルになります。

しかしこのモデルもガーミンのHPでは販売終了になっているのでアマゾンや量販店での在庫がなくなれば販売終了になりそうです。今は新しいモデルが出ているようです。

稼働時間もGPSモードで約10時間(時計モード時は約6週間)あるのでフルマラソンの大会でも十分な稼働時間が期待できます。

GPSランニングウォッチを購入した事で万歩計のように、1日の移動距離とステップ数のカウント、カロリー消費計算が出来るので毎日の運動が楽しくなります。

出典:ガーミン社

私の購入したモデルは決してかっこいいモデルではありませんが、エントリーモデルで安い事、そして一番気にしたのは電池の持つ時間でした。

このモデルでもバッテリーライフは時計モード約5週間(GPS時最大約7時間)なので、大会中にフル充電で7時間持つようです。サブ5を目標にしているのであれば7時間持てば大会中に充電が切れることはなさそうです。

あとは一生懸命練習するだけです、フルマラソンの大会には長い間(3年だけですが)当選することがなかったので、マラソン熱が冷めかけていたところだったので何としても頑張って完走したいと思います。

マラソンブログはフルマラソンを完走するまで不定期にて連載予定です。

error: Content is protected !!