「6年制薬剤師の生きる道」を模索する日々

薬剤師の日常

働き出して薬局業務にある程度慣れてくると「このままで良いのだろうか?」など、日々悩みながら毎日の業務に勤しんでいる人も多いかと思います。

薬学部で卒業時に考えられる進路として大学院への進学を除けば大きく分けて、おおよそ企業15%、調剤薬局50%、病院25%、公務員5%に分けられるかと思います。

しかし企業でのMR職についた後に調剤薬局へ転職する人、公務員を何らかの理由で退職する方もいるかと思いますので、長い人生で調剤薬局で働く可能性は少なからずあります。

スポンサーリンク

多様な薬剤師のライフスタイル

さらに調剤薬局で働く薬剤師も、ライフスタイルによって様々な生き方が考えられます。

調剤薬局の薬剤師として生きていく場合であっても、薬の知識を突き詰めて薬の専門家として現場に立ち続ける人もいれば、エリアマネージャーから幹部職、独立へと経営に近い立場を目指す人もいます。

また決まった時間だけパートタイムで仕事をこなし、趣味や家族との時間を充実させる事で人生を謳歌するなど、人によって様々です。

まずは、自分がどういった生き方をしたいのかをよく考えてみましょう。

調剤薬局の開業を考えた場合に注意する事

調剤薬局で働いていると、誰しも一度は薬局を開業したいと考える事があるかと思いますが、薬局は経営にも時間をとられる事を考えなければなりません。

薬剤師としての知識や専門性を高めるよりも、人材の育成や確保、卸との価格交渉、在宅施設への営業や、調剤報酬改定毎に資金面での不安をかかえながら借入金を返済していく必要があります。

そして処方箋枚数を気にしすぎるあまり、いつの間にか(患者=処方箋)と考える経営者になってしまいます。

創業時には崇高な理念を持っていたとしても、経営者には誰も注意してくれる人がいないので、高慢になり、謙虚な気持ちをすっかり忘れてしまいます。

ブラック薬局に注意

ブラック薬局によくありがちな経営者は、建て前で「地域医療に貢献」と言いながら、お金の事しか考えず、従業員を大切にしません。(※社長の個性が強い会社で、社訓を唱和させられたり、理不尽な理由で不必要に叱責し人格を否定した後に優しくする等あればマインドコントロールに注意が必要です)

自分の身近な人(家族や従業員)すら大切にしていない人間が、患者さんの事を本当に心配している筈がありません。

もしも薬局を開業するのであれば、必要以上に広げる事なく堅実に一人でじっくり地域の医療に貢献できる薬局をやって行くことが今の私の理想です。

error: Content is protected !!