調剤薬局業務

役に立つ話

薬剤師もコロナウイルス対応従事者等慰労金の個人申請ができる

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等に関する薬局・薬剤師支援として、薬剤師にも慰労金が支払われる事となりました。 病院や介護施設等に勤務する薬剤師だけが対象かと思っていたのですが、居宅療養管理指導事務所等にあたる薬局薬剤師は対象との事...
保険調剤事務

令和2年度調剤報酬改定における改訂・新設の項目について

早いもので今週末で9月も終わり、今年も残すところ3か月となりました。 今年はコロナウイルスによる騒動でほとんど予定通りにいかなかった事もあり、何かと仕事が溜まりました。何から手を付けていいのか分からないときは作業を細分化して一つ一つ片...
役に立つ話

在宅施設のスリッパから水虫(白癬菌にアルコール消毒は有効か?)

在宅訪問に行った女性薬剤師さんが訪問先のスリッパを履いたことでストッキング越しに水虫になった事があるとの事で、それ以来訪問先の共用スリッパを履く事が恐くなり自分専用のスリッパを毎回持って行くようになったそうです。 しかし、たまにスリッ...
スポンサーリンク
役に立つ話

献血でグリコアルブミン(GA)が高値なんだけど糖尿病ですか?

献血の習慣がある患者さんから「献血の検査値でグリコアルブミン(GA)が基準より高いんだけど、この数値以上だと糖尿病になるんですか?」と質問がありました。 グリコアルブミンとは? グリコアルブミンとは、タンパク質であるアルブミンに...
薬の勉強

ドボネックス軟膏処方は、乾癬(かんせん)?疥癬(かいせん)?

患者さんに皮膚科よりドボネックス軟膏の処方がありました。 患者さんは「先生は、かんせん?かいせん??とか何か言ってました」との事。 語感が似たような名称ですが、どちらも皮膚科で見られることのある疾患名になります。 癬(せん) ...
薬の勉強

アマルエット配合錠の名称がわかりにくい問題を解決しました

高血圧や糖尿病の配合錠が先発医薬品だけでなくジェネリック医薬品でも増えてきたので、名称から配合成分を即座に把握する事が私の能力ではかなり難しくなってきています。 配合剤の名称を先発品もジェネリック医薬品もルールを作成しなければブランド...
薬の勉強

リクシアナ(エドキサバン)とマクロライド系の併用

耳鼻咽喉科の門前では面の処方箋やお薬手帳から、経口FXa阻害剤のリクシアナ錠を服用している患者さんを見かける事がよくあります。 そして門前の耳鼻科の先生はクラリスロマイシンをかなりの頻度で使用するので併用薬に注意していますが、併用禁忌...
役に立つ話

心房粗動(AFL)と言われたけれど心房細動(AF)と何が違うの?

患者さんより「心電図検査で循環器内科の先生に不整脈の心房粗動(AFL:atrial flutter)と言われたけれど心房細動(AF:atrial fibrillation)と何が違うんですか?」と聞かれました。 心房細動は最も有名な不...
調剤薬局業務

サインバルタ(デュロキセチン)の夕食後を疑義照会したら…

初めての病院(整形外科)と患者さんでサインバルタが「夕食後」処方されていたので、初回確認のために疑義照会をしました。 患者さんは新患だったこともあり、問診とお薬手帳の作成などをやっている間に疑義照会の電話をかける事にしました。 〈線...
薬の勉強

イリボー(ラモセトロン塩酸塩)は下痢止めですか?

「イリボー(ラモセトロン塩酸塩)は下痢止めですか?」と患者さんより問い合わせがありました。 イリボーは下痢型過敏性腸症候群の薬になります。イリボーは下痢症状を和らげる目的で使用される薬ではありますが、通常の下痢止め(止瀉薬)とは作用機...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!