薬の勉強

薬の勉強

カリウム値が低いとなぜ危険なの?(低カリウム血症とQT時間延長)

患者さんから「カリウム値が低いと危険だからカリウムを取るように医師に言われたけど、カリウムって何?なんで危険なの?」と質問されました。 低カリウムの原因は? 薬剤によるもの 利尿薬(ループやチアジド系)や漢方薬(芍薬甘草湯など...
薬の勉強

サムスカ錠(トルバプタン)投与中は、血清ナトリウム濃度に注意

ここのところサムスカ錠(トルバプタン)を扱う機会が多くなってきたので、処方監査や投薬時に気を付けておきたい事をまとめてみました。 添付文書には警告や禁忌の項目がびっしりと記載されているのと、過去に使用上の注意の改訂があったり、高齢患者...
薬の勉強

ヘリコバクターピロリ感染症除菌薬 ボノサップ400と800の違い

ヘリコバクターピロリ感染症の除菌薬はパック製剤として、武田薬品のボノサップとボノピオン、エーザイのラベキュアとラベファインのパック製剤があります。 一次除菌 (1回量) ボノサップパック400/800(ボノプラザン...
スポンサーリンク
薬の勉強

小児神経芽腫にCa拮抗薬アムロジピン錠の処方

神経芽腫の小児患者さんにアムロジピンが処方されていたので、神経芽腫の病態について調べてみました。 神経芽腫は、乳幼児期に発見されることが多い小児に発生する腫瘍の一種です。 治療に関しては手術により腫瘍を取り除いたり化学療法、また...
薬の勉強

シクレスト(アセナピン)はMARTAだが糖尿病禁忌でない理由

今月から来ている実務実習の学生さんが優秀な方で、聞いてくることが私には難しくて即答できずに困っています。学生さんはもっと困っているかと思いますが…。 特に薬物動態などは忘れていることも多く、その都度調べたりしながら一緒に考えてもらうと...
薬の勉強

アトピー性皮膚炎新薬コレクチム(デルゴシチニブ)軟膏とヤヌスの鏡

アトピー性皮膚炎の新薬コレクチム(デルゴシチニブ)軟膏の処方箋を初めて受け付けたので調べてみました。 アトピー性皮膚炎の治療薬としては、ステロイド外用薬やプロトピック(タクロリムス)軟膏などの塗り薬が主に使用されてきましたが新しい選択...
薬の勉強

ベセルナ(イミキモド)クリーム適応は尖圭コンジローマと日光角化症

ベセルナクリーム5%(イミキモド)の処方箋を初めて受け付けたのですが、処方箋の記載内容に不備があったため詳しく調べてみました。 ベセルナクリーム5%とは? 有効成分として、1包(250mg)中にイミキモド12.5mgを含んでいます。 ...
薬の勉強

ドボネックス軟膏処方は、乾癬(かんせん)?疥癬(かいせん)?

患者さんに皮膚科よりドボネックス軟膏の処方がありました。 患者さんは「先生は、かんせん?かいせん??とか何か言ってました」との事。 語感が似たような名称ですが、どちらも皮膚科で見られることのある疾患名になります。 癬(せん) ...
薬の勉強

アマルエット配合錠の名称がわかりにくい問題を解決しました

高血圧や糖尿病の配合錠が先発医薬品だけでなくジェネリック医薬品でも増えてきたので、名称から配合成分を即座に把握する事が私の能力ではかなり難しくなってきています。 配合剤の名称を先発品もジェネリック医薬品もルールを作成しなければブランド...
薬の勉強

リクシアナ(エドキサバン)とマクロライド系の併用

耳鼻咽喉科の門前では面の処方箋やお薬手帳から、経口FXa阻害剤のリクシアナ錠を服用している患者さんを見かける事がよくあります。 そして門前の耳鼻科の先生はクラリスロマイシンをかなりの頻度で使用するので併用薬に注意していますが、併用禁忌...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!