一人薬剤師の調剤薬局業務について見学させていただきました

役に立つ話

前回の続きになります。

ブログで知り合った薬剤師(アポロムさん)の調剤薬局で、一人薬剤師(ワンオペ)での業務について見学させていただきました。

店舗はとても綺麗で、シルバニアファミリーのお家みたいにかわいい薬局です。

開局の1時間前にお邪魔して待合室や調剤室の見学をさせていただき、使用している薬やレセコンなどを見せていただきました。

レセコンは一人薬剤師でも十分対応できるように、門前の処方箋をQRコードで読み込み事務作業をできるだけ時間をかけない様に工夫がされています。

今の勤務先のレセコンはEMのレセプティで直入力しているので、このあたりは改善する必要がありそうです。

しかしながら薬歴は紙薬歴にて手書きで処理していたので、これだけはうちと一緒でした(^^)。

できる限り患者さんを待たせないようにしながらも、ランニングコストを下げる為の工夫は随所に見られました。

ブログでも述べられていたローコストオペレーションの神髄です。

そして9時を過ぎて午前の診察が始まりました、雨のため比較的ゆっくりとしたスタートです。

自分の今までの勤務先と比較してとても優雅で、患者さん一人一人にしっかり時間をかけることが可能な落ち着いた投薬が魅力的です。

おっしゃるように、患者さん目線でのかかりつけ薬局の運営は十分可能だと感じました。

患者さんが来られない時間は控室でコーヒーをご馳走になりながら、学生時代のお話、就職に関する話、今の薬局を開業するまでのお話、そして薬局の運営に関わる経理や労務等の数字についてレクチャーをいただきました。

MRの経験が長い事もあり、論理的な思考と様々な知見から普通の開業セミナーでは得る事のできないお話を聞くことができました。

自分自身も起業を考えている時期だったのですが、まだまだ数字の面での考え方に甘さがあったことが露呈しました。

しかし何よりも行動力が圧倒的に違いすぎました。

MRとして結果を残してきた薬剤師さんの凄さを見せつけられた思いでした。

今回の調剤薬局見学でご教示いただいた様々なノウハウ、アポロムさんのブログ情報を利用することで、私も実際の業務に生かして起業、開業までの内容をブログで更新して行きたいと思います。

アポロムさんのブログ「薬局漂流記」

コメント

error: Content is protected !!