役に立つ話

役に立つ話

健康診断でコレステロールが高値だけど再検査行った方がいいかな?

「会社の健康診断で総コレステロールとLDLコレステロールが高かったみたいコレステロールの種類って何がちがうの?ほんで3か月後に再検査を受けるように書いていたんやけど、やっぱり紹介状発行してもらって再検査行った方がいい...
役に立つ話

併用薬で指定第2類医薬品「ウット」を服用していた患者さん

患者さんに問診表を書いてもらったところ、併用薬に市販薬の「ウット」との記載がありました。 以前に拝読した日経メディカルの記事「薬剤師に言いたい事がある」の中で、医師の谷口氏が触れていた事から、うちの薬局では取り扱いのない一般用医薬品で...
役に立つ話

新型コロナ患者への0410対応の日々「コデインリン酸塩は散1%で…」

令和3年4月25日から5月11日まで大阪府全域で緊急事態措置が発令され、毎日の様にニュース速報で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数が増え続けています。 当然ですがコロナ対応している病院から近隣コロナ療養...
スポンサーリンク
役に立つ話

薬剤師は就職転職、薬学生は実習前に薬局機能情報提供制度をご確認下さい

知り合いの学生さんが「調剤薬局の実習先が決まったけど、ホームページもない個人薬局でどんな薬局だろう…」と心配していたので、都道府県が提供している薬局機能情報提供制度について伝えました。 各都道府県によって提供されているサイトの構成は異...
役に立つ話

一般用医薬品に含まれる濫用等のおそれのある医薬品6成分は?

武田コンシューマーヘルスケアの調査によると、65%もの人が市販の風邪薬にウイルスを倒す効果があると誤解していたそうです。 かぜ薬、65%が誤解 ウイルス倒さず、正しく服用を(時事通信社) このように、一般用医薬品に関する理解度は...
役に立つ話

薬剤師もコロナウイルス対応従事者等慰労金の個人申請ができる

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等に関する薬局・薬剤師支援として、薬剤師にも慰労金が支払われる事となりました。 病院や介護施設等に勤務する薬剤師だけが対象かと思っていたのですが、居宅療養管理指導事務所等にあたる薬局薬剤師は対象との事...
役に立つ話

在宅施設のスリッパから水虫(白癬菌にアルコール消毒は有効か?)

在宅訪問に行った女性薬剤師さんが訪問先のスリッパを履いたことでストッキング越しに水虫になった事があるとの事で、それ以来訪問先の共用スリッパを履く事が恐くなり自分専用のスリッパを毎回持って行くようになったそうです。 しかし、たまにスリッ...
役に立つ話

献血でグリコアルブミン(GA)が高値なんだけど糖尿病ですか?

献血の習慣がある患者さんから「献血の検査値でグリコアルブミン(GA)が基準より高いんだけど、この数値以上だと糖尿病になるんですか?」と質問がありました。 グリコアルブミンとは? グリコアルブミンとは、タンパク質であるアルブミンに...
役に立つ話

心房粗動(AFL)と言われたけれど心房細動(AF)と何が違うの?

患者さんより「心電図検査で循環器内科の先生に不整脈の心房粗動(AFL:atrial flutter)と言われたけれど心房細動(AF:atrial fibrillation)と何が違うんですか?」と聞かれました。 心房細動は最も有名な不...
役に立つ話

コロナショックによる調剤薬局への影響

コロナショックの影響があらゆる所で見られるようになってきています。 マスクや消毒液の枯渇から始まり、緊急事態宣言による外出が控えられるようになり近隣の飲食店も営業休止となりお昼ご飯の選択肢が減ってしまいました。 調剤薬局は基本的...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!