タスカジ和田幸子氏講演会(起業STEPUPセミナー)に参加

セミナー セミナー

大阪産業創造館で開催された起業ステップアップセミナーに行って来ました。

今回の起業ステップアップセミナーでは、様々な企業家のお話が聞けるのですが「株式会社タスカジ」で有名な和田幸子氏の講演会がありましたので大変楽しみにしていました。

起業5年で会員数40,000人を超えた、日本の「家事」を変えるビジネスモデルで挑戦した和田さんの起業までの道のりです。

スポンサーリンク

タスカジとは?

「伝説の家政婦」が各家庭に赴き、プロフェッショナルな技で、おかずの作り置きや掃除、整理整頓などを行ってくれる…。

そんな「タスカジ」のサービスが急速に注目を集めています。

ハウスキーパーの派遣ではなく、「家事を頼みたい人」と、「プロの家政婦」をマッチングするプラットフォームです。

依頼者は1時間1500円からと、既存の家事代行サービスより安価で依頼をすることが出来、相互の評価制度により「タスカジさん」と呼ばれるハウスキーパーも安心して働くことが出来ます。

そんなタスカジを立ち上げた和田氏は、働きながら子育てする中で家事につまづいた自らの経験を元に、事業を展開させました。

「自ら子育てをしながら、また資金にも限りがあるなかで、どのように起業準備を行ったのか?」

「まだ世になかったサービスを、いかに事業化し、短期間で広めていったのか?」

和田氏より、事業を立ち上げ、広げていくためのヒントを学びたいと思います。

産創館サイトより引用

大阪産業創造館は「大阪メトロ」堺筋本町駅から徒歩で5分ほどです。

起業に向けての様々なセミナーを開催しているので、自分の興味のあるセミナーがあればたまに参加しています。

今回のセミナーは4階のイベントホールで開催されているのでエレベーターで受付まで行きました、参加証と尼崎信用金庫さんの書類一式を受け取り会場に入りました。

10分前に会場に入ると既に会場は沢山の人で一杯でした。

定刻になり和田氏が会場に入り「タスカジ」というサービスについての説明と起業までの道のりなどについて1時間ほど話をされました。

「タスカジ」のサービスを立ち上げるまでには、株式会社富士通に勤めながらMBAを取得して、一度友人達と起業した経験があるそうです。

しかし残念ながらその時はメンバーの方向性の違いから上手く行かなかったとの事です。

そして

「次は絶対に一人で起業する!」

と心に固く誓ったそうです。

そして富士通の社内起業など様々なプロジェクトにも率先して参加してきたが、自分の興味のあまりない事にはそれ程情熱が続かなかったそうです。

起業した後に何かトラブルが発生しても興味のない事だと乗り越えるだけのエネルギーが沸いて来ないといった内容の事をおっしゃっていたと思います。

「タスカジ」については自分自身がフルタイムで働くママさんとなった事で家事についての日本の現状を憂い、その怒りがモチベーションとなり起業が形になって行ったとの事。

もともとシステムエンジニアなのでITのスキルは持ち合わせておりMBAを取得、そして働くママさんとしての強みを掛け合わせることで「タスカジ」というサービスを生み出せたと語られていました。

起業までの道のりも非常に参考になりました。

事業計画書を10人に見てもらいダメ出しをしてもらい、テストサービスを3人のタスカジさんで行いブラッシュアップして実際のシステムを構築しサービスとして世に送り出したそうです。

先にシステムを構築してしまうと、後から改善する事が非常に難しいそうです。

結局一からシステムを作り直すことになったという話は良く聞く話ですが、システムエンジニアである和田氏ならではのお話を聞くことができたように思います。

その後は第二部として「あましん創業塾」出身の先輩企業家さん、お二人のお話も聞くことができました。

こういったセミナーに参加するといつも起業熱が高まるのですが、時間がたつと日常生活の忙しさにかまけて熱が冷めていってしまいます。

「Strike while the iron is hot!」

来年は変化のある一年にしようと思います。

コメント

error: Content is protected !!