大塚ヘルシーエイジングサポーター養成プログラム「プライマリーコース」を受講しました

セミナー 勉強会

厚生労働省が定める健康サポート薬局として必要な知識として、市販薬や健康食品はもちろん介護や食事・栄養摂取に関する事まで気軽に相談できる機能が求められています。

そこで薬剤師としての知識の幅を広げる為に「大塚ヘルシーエイジングサポーター養成プログラム」(OATHAS:オーザス)の、プライマリーコースを受講して来ました。

スポンサーリンク

(OATHAS:オーザス)とは?

大塚製薬の主催(※NPO法人HAPの協力)する「大塚ヘルシーエイジングサポーター養成プログラム」は、主に薬剤師を対象とした「女性のための健康」に特化したプログラムが開催されています。

なんと健康サポート薬局で必要とされる知識や実践技能を無料で習得できます、さらに1講座受講につき、認定薬剤師研修受講シール(1単位)がいただけます。

「プライマリーコース」と「アドバンスコース」の2コースがあり、今回は初めての受講なので「プライマリーコース」の3回の講義を受講しました。

※NPO法人HAP(Healthy Aging Projects for women)は、国が認める健康サポート薬局研修実施機関

こんな方々におススメです

○女性のための健康サポートに興味がある

○健康や食品についてのカウンセリングができるようになりたい

○健康サポート薬局を目指したい など

OATHASサイトより引用

オーザスは「女性のための健康サポート」に主眼を置いているようなのですが、市販薬や健康食品の知識も講義でしていただけるので男性の薬剤師が受講しても大丈夫です。

自分自身も婦人科の処方箋が来たときに苦手意識があることや、家庭内でもOCやLEP等の薬剤について会話する機会が出てきたので今回の受講で自信を持って投薬、カウンセリングができればと思い申し込みをしました。

大阪では中之島インテスにて開催

オーザスのプライマリーコースは、全国の会場で同時に開催されます、朝から参加することで全3回を1日で受講可能です。

受講できなかった回だけを改めて受講する事もできるので、時間のある時に1回だけ参加するといった事もできます。

大阪での受講は京阪電車中之島駅を下車してすぐにある、中之島インテス内の大塚製薬大阪支店で開催されました。

中之島インテス

第1回が10:00~11:30なので9時半に現地に到着しました。

向かいにあるスーパーOASISで予め昼食を購入するつもりでしたが、OASISは10時にオープンのため仕方なく自販機で飲み物だけを購入して会場へ入りました。

中之島インテスの15階までエレベーターで昇り大行列の受付を済ませると、大塚製薬さんの商品サンプルをいくつかいただけました。

大塚製薬試供品

いただいた商品には、ペットボトルの500mlドリンクもあったので、事前に自販機で購入したドリンクがお荷物となってしまいました‥。

ドリンクはモデルのKokiさん(キムタクの娘さん)のCMで見たことのある「ボディメンテ」と「カロリーメイトゼリー」、「エクエル(エクオール)」、「賢者の食卓」の試供品です。

これらは健康サポート薬局にそろえておく商品として、とても良いラインアップかと思われます。

プライマリーコースの内容は?

15階の会場は参加者で一杯になったので、後からこられた方々は10階の会場に分かれて入室する事になりました。

会場には男性の参加者もちらほら見かけますが、9割は女性だったように思います。

講義はインターネットでの全国同時配信なので映像を見ながらの受講スタイルで、講師はNPO法人HAP理事長で薬剤師の宮原先生です。

まずタイムリーな話題として、厚生労働省医薬・生活衛生局から発表された、「薬剤師以外の者が行うことができる業務の基本的な考え方」の通知についても触れられていました。

薬剤師以外の者は、軟膏剤・水剤・散剤などの直接計量、混合はできませんが、薬剤師の目が現実に届く限度の場所で実施されるピッキングなどは可能となり、今後日本でもテクニシャン制度が導入される方向に進んで行きそうです。

また講義では「女性の健康支援」に重点が置かれていたので、女性の健康認識とニーズ調査結果から薬局薬剤師としての取り組みについても紹介されていました。

更年期の女性への提案から「エクエル」の商品説明も上手く講義に取り込まれていました。

手の痺れや痛み腫れ、変形といった手指の不調が、女性ホルモン(エストロゲン)の低下と関連があるそうです。

代表的な疾患としてはへバーデン結節やブシャール結節などです。腱鞘炎からのバネ指・ドケルバン指などもエストロゲンの減少と関連があるそうです。

これらは関節リウマチと思って血液検査をしても、リウマトイド因子・抗CCP抗体共に陰性だった場合に疑われる病態としてあげられ、ブシャール結節に対して※エクオール投与により疼痛改善が見られたようです。

私も指の痛みが残っているのでエクエルを飲んでみようかな‥。

※関節の変形がない群で「エクオール10mg」を3ヶ月摂取で疼痛緩和に効果ががみられた。また関節の軽度変形群では関節内ステロイド局注との併用で疼痛緩和が見られたとの事。(日本女性医学学会雑誌25(2):308-311,2018)

OATHAS養成プログラム受講の感想

そして第1回が終了し昼食(向かいのスーパーOASISにイートインコーナーがあります)をはさんで、第2回「女性への生活習慣アドバイス」、第3回「女性の健康に関する健康食品や医薬品についての話題」と15:30までの受講を済ませて無事に認定シールを(3枚)受け取り本日のミッション終了となりました。

オーザスの「プライマリーコース」を受講した感想は、女性はもちろんですが男性も知っておくべき内容で受講する意義はあるかと思います。

婦人科の処方箋は出来る限り女性の薬剤師さんにお任せしていたのですが、女性の患者様のかかりつけ薬剤師になったり、一人薬剤師の店舗では苦手な分野だからと逃げる事もできません。

通り一遍(形式的でおざなりである事)の知識だけでなく、女性の考え方やライフステージにおける健康問題や症状などにも詳しく触れられていた今回の講義はたいへん勉強になりました。

次回は「アドバンスコース」も受講してみたいと思います。

コメント

error: Content is protected !!