アトピー性皮膚炎新薬コレクチム(デルゴシチニブ)軟膏とヤヌスの鏡

薬の勉強

アトピー性皮膚炎の新薬コレクチム(デルゴシチニブ)軟膏の処方箋を初めて受け付けたので調べてみました。

アトピー性皮膚炎の治療薬としては、ステロイド外用薬やプロトピック(タクロリムス)軟膏などの塗り薬が主に使用されてきましたが新しい選択肢がまた一つ増えました。

スポンサーリンク

コレクチム軟膏とは?

名称由来:ただす( CORRECT)免疫( IMMU)

適応症:アトピー性皮膚炎

用法用量:成人 1日2回 適量を患部に塗布

なお、1回あたりの塗布量は5g(1本)までとの記載があります。

よってコレクチム軟膏は5gチューブなので、1日に2本まで使用することができます。「1FTU」=0.5gを基準として、ティッシュペーパーが皮膚に付く程度を目安に患部に塗ります。

コレクチム軟膏による治療を開始してから、4週間(1か月)以内に皮疹の改善が認められない場合は使用を中止する事となっています。

副作用として、毛包、炎紅斑、ざそう(ニキビ)、刺激感等が挙げられています。

コレクチム軟膏の作用機序は?

作用機序:ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害

コレクチム(デルゴシチニブ)軟膏は、ヤヌスキナーゼ(JAK1,JAK2,JAK3及びTyk2)のキナーゼ(リン酸化酵素)活性を阻害する事でサイトカインシグナル伝達を阻害し、サイトカインによる免疫細胞や炎症細胞の活性化を抑制します。

ヤヌスの鏡との関係は?

ヤヌスの鏡とはフジテレビでドラマ化された事もある学園ドラマです。

主人公の女子高生(小沢裕美)は昼間は清楚なお嬢様なのですが、夜は不良少女になって悪い事して回るといった二重人格の少女のお話です。

このドラマのオープニングで「古代ローマの神ヤヌスは、物事の内と外を同時に見る事ができたという。この物語はヤヌスにもう1つの心を覗かれてしまった少女の壮大なロマンである。もしあなたにもう1つ顔があったら」とナレーションがありました。

このローマ神話に出てくるヤヌス神は前と後ろに反対向きの顔を持っています、そしてその姿がサイトカイン受容体の前後にあるヤヌスキナーゼの形状と似ている事に由来しているそうです。

コレクチム軟膏の作用機序であるJAKとヤヌスの鏡は、なんとヤヌス神繋がりだったんですね。

調べたところ、FODにて桜井日奈子さん主演のネットドラマとしてリメイクされていました。見た事のない若人は是非ご覧ください。

これでヤヌスキナーゼ阻害薬のコレクチム軟膏を絶対に忘れない筈です。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

ヤヌスの鏡 - フジテレビ
ヤヌスの鏡 - オフィシャルサイト。FODオリジナルドラマ「ヤヌスの鏡」オフィシャルサイト。宮脇明子原作。心優しい少女が生んだもうひとりの自分。“ヒロミ”と“ユミ”これはふたつの人格を持つ少女の物語。

参考:コレクチム軟膏0.5%添付文書(鳥居薬品株式会社)、wikipedia(ヤヌスの鏡、ヤーヌス)

コメント

error: Content is protected !!