薬が減っても薬代が上がって患者さんに怒られた話

役に立つ話

薬が減ったのに薬代が上がる!こんなことってあるの?これは薬局あるあるです。

①用法(飲み方)が変更された為、用法の種類が分かれた時

②禁忌や他医で重複薬があったので疑義して薬が減った時

どちらも患者さんから「薬が減ったのになぜ薬代が上がったのか?」と怒られます。

私でもそう思います。しかしこれを説明するのは苦労します。

①の場合

例)(分3のみ)1種類の用法で薬が出ていたものが、そのうちの1つの飲み方が変わって1つだけ分1になった時などに用法が(分3と分1)2種類になった事で起きるパターンです。日数が長くて薬が安い場合などに起き易いです。

②の場合

これは重複投薬相互作用防止加算が算定される場合です。

残薬調整に係るもの以外40点
残薬調整に係るもの30点

これが加わったせいで患者様の支払いが高くなってしまいます。

私は「国が決めた法律で計算すると薬局の手数料が上がってしまいます、本当に申し訳ありません」と謝ります。しかし大体の患者様はきちんと説明すれば渋々ですが、「薬の残薬は調節してもらわないほうがいいんだね」と嫌味の一つは言われますが納得していただけます。

 

error: Content is protected !!