心斎橋ベトナム料理アンゴン(ANNGON)の汁麺ランチ980円

旅行・観光・ランチ

心斎橋の北12番出口を出て北に徒歩約2分にある、ベトナム料理アンゴンさんに遅めのランチに行きました。

アンゴンという店名の由来は、ベトナム語の「AN(食べる)+NGON(美味しい)」がくっついて、「美味しく食べる」という意味があるそうです。

スポンサーリンク

アンゴンのランチメニュー

ランチとはいえ(12:00~17:00)までやっているので、門前の午前診が遅くなっても問題なく入店できます。

通常のお昼の時間帯(12:00~13:00)だと入り口の外まで行列が並んでいる事もあり行く事が難しいのですが、遅めのお昼だと少しの待ち時間(5分程度)で入店できます。

急勾配の階段を昇ります、そして入り口にあるベトナム関連の本を読みながら椅子に座って少し待っているとすぐに客席へ通されました。

ランチメニューは色々あって悩みます。

「皿飯ランチ」と「汁麺ランチ」を迷ったのですが、本場のフォーが無性に食べたくなったので10種類の味のフォーからチョイスできる「汁麺ランチ980円」を注文しました。

さらに(海老塩ごはん)と(煮豚ごはん)の2種類からも選択できます。

どちらも美味しいのですが、(煮豚ごはん)がおススメです!

本場のベトナム人コックさんの作る最高のランチセットです。

テーブルに置かれているパクチーも入れ放題です、さらにベトナムの調味料で自分好みの味にしたり変化を楽しむこともできます。

ベトナムに行った事がないのですが、本場でもきっとこんな味なのだろう…と思います。

デザートもついているのですがこれも美味しいです。

さらにランチセットを食べた後に、チェータップカムというベトナムのかき氷も注文してしまいました。

ココナッツミルクの味がベースで中には、小豆やもち米・タピオカなどが入っているデザートになります。

これも最高に美味しいです。

少し贅沢ですが疲れた日はこれを食べて1週間を乗り切りましょう。

アンゴンの場所と営業時間

〒542-0081
住所:大阪市中央区南船場4丁目11-24

電話:06-6282-4567

ランチ・カフェタイム/12:00〜17:30
ディナータイム/17:30〜23:00

そして梅田と南堀江(アンゴンのすぐ近く)にも姉妹店があります。

ベップオーイは何処へ

ベトナム料理と言えば堺筋本町の大阪塗料会館地下1階に「ベップオーイ」という、とても美味しいお店があったのですが知らない間に無くなってしまい悲しい思いをした事を思い出します。

その当時でも大変リーズナブルな値段(ランチ500円前後)で、お金のない私でも行けるような素敵なお店でした。

美味しいだけでなく何よりお店のスタッフさんがとても感じが良くて忘れることが出来ません。

お休みの日にディナーを食べに行ったりすると、最高に幸せな気分で帰路についたことを思い出します。

笑顔の素敵だったベップオーイのスタッフさんは元気にしているのかな?

おわり

コメント

error: Content is protected !!