経過措置期間を過ぎると保険請求できません(バファリン配合錠A330)

役に立つ話

先日、久方ぶりにバファリン配合錠 A330の処方が出ました。

販売中止の知らせを聞いてから随分と経ちます、もうすでに経過措置期間も終わっているのでは?と思ったのですが、まだギリギリセーフでした。

販売中止製品 バファリン配合錠A330
・販売中止時期(予定):2021 年 4 月末
・経過措置期間(予定):2022 年 3 月末日まで

代替品はコロナ禍でよく目にするようになったカロナール錠です。

しかしバファリン配合錠A330は最低でも600錠包装だったので、うちの薬局にもまだまだ残っています…。

あと一ヶ月で使い切る事は出来そうにもありません。

無念です。

スポンサーリンク

経過措置医薬品とは?

名称変更や医薬品として需要低下などの理由によって製薬企業が商品の生産を中止した医薬品は、周知する期間や薬局の在庫等を考慮して経過措置期間を経て保険請求が出来なくなります

今回のバファリン配合錠A330は、最低でも600錠や1000錠、かつては2000錠包装などで販売されていたので、近隣の分譲で手に入らなかった場合に発注するとかなりの確率で在庫となる…。

薬価は5.8円とまだ安いのでダメージは少ないのですが、何とももったいない気持ちでモヤモヤします。

廃止される経過措置医薬品情報は、社会保険診療報酬支払基金に誤請求を防止するため別表に記載があります。

ちなみにバファリン配合錠 A330は1錠中にアスピリン330mgです。

OTCのバファリンAもアスピリン(アセチルサリチル酸)が成人(15才以上)1回2錠中に660mgとの記載があるので同じ成分量が入っています。

謹啓

平素より、エーザイ製品につきましては格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。さて、弊社の解熱鎮痛消炎剤「バファリン配合錠 A330」は、長い間ご愛用いただきましたが、需要低下に伴いやむなく販売を中止させていただくことになりましたので、ご案内を申し上げます。

弊社の販売中止時期は、2021年4月末、経過措置期間は2022年3月末日までを予定しております。このたびの販売中止につきましては、大変ご迷惑をおかけいたしますが、諸事情ご賢察の上、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

敬白

引用:エーザイ株式会社

コメント

error: Content is protected !!