ニコニコレンタカーで事故を起こして5万円を支払った話

薬剤師の日常

先日のお休みの日にちょっと用事があったので、いつものニコニコレンタカーで車を借りました。

車に興味がないので、その時空いている一番安い車を選んで借りるのですが、いつものトヨタヴィッツがなくてよく知らない箱型の車になりました。

レンタカーは借りる車によってはかなりボロボロで何十万キロと走っているものもありますが、今回はピカピカの綺麗な車です。車内も結構きれいなので「良い車にあたったなぁ」と思っていました。

そして、ごきげんなナンバーをカーラジオで流して午前中の用事を済ませて出先から出発する時に事件が起こりました。

駐車場を出るときに「ガリガリッガリック」と、とても嫌な音がしたのです。

すぐに車を降りて車の横側を見てみると少しひっかいたような傷が入っていました。

今までに何度もレンタルしていましたがこれは初めての経験でした。

午前中の用事が無事に終わってホッとして気が緩んでいたのかもしれませんが大失態です。

しかしこんなこともあろうかと通常の保険に加えて免責補償も追加で入っていたので「お金は発生しないはず大丈夫」と思いながら、ガリガリ事件の事は考えないようにしその後の運転を無事に過ごすように心がけました。

そしてついに車を返却する時が来ました。正直に縁石に引っ掛けて傷がついた箇所を店員さんに恐る恐る伝えました。

すると店員さんの顔色が曇りました…。

「この保険では自損事故の場合は免責分はカバーされないんです、ですのでこの場で5万円を支払って頂きますね」

ガーン!!

私は生憎5万円の持ち合わせがなかったので、泣く泣くカードの一括で支払いました。

「万が一5万円の修理費がかからない場合は差額を返金しますので明日にでも見積もりして連絡しますね」との事でした。

しかし提携先の修理工場です、どうやったって5万円以上の見積もりが出てくるはずです。

どう考えてもガリガリっとした私が悪いのです、仕方がない…と自分を慰めながら帰宅しました。

帰ってから調べるとどうやら私の入っていた保険では、もらい事故の場合の免責分はカバーされるのですが、自損事故の場合の免責までは補償されないタイプだったようです。

インターネットで申し込んだときに詳しく見ずに免責補償タイプの文字だけを見てクリックしていたみたいです。

自分の運転に自信があって絶対に自分はぶつけないぞ!と思っていても、駐車場で当て逃げされた場合も自損事故と同じ扱いになるそうなので必ず保険はパーフェクト保険という全てにおいて免責分が補償される保険に入るようにしてください。

そしていたずらや駐車中の当て逃げ、相手のいない自損事故の場合でも傷に気が付いた時点で必ず警察に連絡を入れるようにしてくださいね。

そうしないとニコニコレンタカーのパーフェクト保険で補償されないそうです。

私はしばらくお昼ご飯を、やよい軒(相場700円)からつるまる饂飩(相場400円)にして5万円を浮かせたいと思います。

今回のアクシデントで166回のお昼ご飯を、やよい軒に行きたいと思ったときに無理にでもつるまる饂飩にしなくてはいけません。

しかし5万円で済んで良かった、これが人を傷つけていたらと考えるとぞっとします。お金では決して解決する事の出来ない大問題になるところでした。

はやく全ての車がAIで運転されて、決してぶつからない車が出来てほしいものです。

交通事故も医療事故も怖いので何事にも細心の注意を払って生きていこう。

「悪くないだろう!」

おわり

コメント

error: Content is protected !!