君臣佐使という言葉をしっていますか?

役に立つ話

漢方薬に精通している薬剤師なら当然知っていると思うのですが、君臣佐使という言葉をご存知でしょうか?

漢方処方は複数の構成生薬のすべてが同じ重要性をもっているわけではなく、中心となる重要生薬と、その作用を補助し中心生薬が十分薬効を発揮できるようにする生薬で構成されている。

このような役割を君臣佐使(くんしんさし)といい、中心生薬を君薬、君薬の作用を補助し、強める生薬を臣薬、君臣薬の効能を調節する作用をもつ生薬を佐薬、君臣佐薬の補助的な役割をし、処方中の生薬の作用を調節したり、漢方薬を服用しやすくする生薬を使薬と呼ぶ。

例えば、桂皮、芍薬、甘草、生姜、大棗からなる桂枝湯では、桂皮が君薬、芍薬が臣薬、甘草が佐薬、生姜と大棗が使薬とされる。

(2009.5.25 掲載)(2014.7.更新)

公益社団法人日本薬学会サイトより引用

漢方薬を構成する生薬の成分にもそれぞれに役割があります。

  • 治療の中心となる生薬を君薬
  • 君薬の作用を助け強める生薬を臣薬
  • 君臣薬の効能を調節し副作用を抑える生薬を佐薬
  • 君臣佐薬の補助的役割で漢方薬をのみやすくする生薬を使薬

封建社会の身分的役割である君主や家臣などの言葉に擬して、薬の役割を意味づけていると考えられています。

こういった漢方薬で使われていた言葉が現在では西洋薬でも使用されるようになっています。

ロキソニンを君薬とした場合に、副作用を防ぐ目的で処方されるムコスタは佐薬といった感じです。

コメント

error: Content is protected !!