餃子の満州にもコロナショックの影響

余暇活動

ふと餃子が食べたくなると餃子の満州に行きます。

餃子の満州の美味しさを知ってからは、餃子の王将や大阪王将に行く事はめっきりなくなりました。

そのくらい美味しくてお得なお店です、さらに店員さんの感じが元気で気持ちが良いのです。

「そういえば今月は行ってなかったなぁ」と思い、最寄りの餃子の満州に昼食に向かいました。

するといつもの餃子の満州は閉店して既に空き店舗となっていました。

しかし気持ちが既に餃子の満州になっていました。幸いな事に近くにもう一つ餃子の満州があります、徒歩で10分くらいのところです。

こちらは大丈夫でした、初めて入る店舗です。2階のロードビューの席に案内されました。

お昼時ですが店内は比較的空いていました。いつもの店舗とちがいセルフサービスでお水とお皿を取りに行ってタッチパネルで注文するスタイルです。

今日は塩ラーメンと餃子(画像は2人前です)のセット(630円)です。

早速、ラーメンを啜り、餃子を一口いただきました。

「おいしい!」安定の美味しさです。店員さんの感じも良いです。

こんなに美味しくて安くサービスの良いお店が潰れるなんて。

コロナショックの恐ろしさが身に沁みます。

「もっと餃子の満州に食べに行かなければ…」

そんな事を考えながら帰り道に台湾の豆花を食べたくなったので、台湾甜商店によって芋圓杏仁豆花(ユーユェンアンニントーファー:680円)を買って帰りました。

漢字が読めなかったので指差しお持ち帰りで注文しました。手提げ袋(5円)が必要です。

カップの上のタピオカや芋の団子などをカップ下のかき氷と豆花に乗せて食べるようになっています。

とても美味しかったのですが、これが餃子の満州の塩ラーメン餃子セットよりも高いと考えると餃子の満州はもう少し値上げしてもいいような気がします。

しかし私にできる事は食べに行く事とコロナショックが早く収まる事を祈るばかりです。

おわり

コメント

error: Content is protected !!